Japanese Alpine Butterflies

 

 高い山には、高い山にしかいないチョウたちがすんでいます。
 そこでは、遅い雪どけと春の訪れ、そしてつかの間の夏とあわただしく季節がやってきます。ここで紹介するチョウは、そうした短いシーズンだけにしか姿を見せてくれません。

 下界とはなれ、雲上の別世界で孤高を保っている彼ら「高山蝶」は、特別の魅力で多くの「蝶屋」を惹きつけてやみません。
 変わりやすい山の天候、年によって大きく変わる季節、必ず会える保証もないのに、出会いたくてはるばると山を登りつめる、これは、まるで強い片思いの感情に動かされているのかもしれませんね。

 残念ながら、彼らも多聞に漏れず生息環境の変化(環境破壊や温暖化)により数を減らしています。魅力をご紹介したいとともに、貴重な存在にいつまでも会えるように、ご覧いただいたみなさんに保護についてご理解をいただければ、と思います。

ミヤマシロチョウ
(長野県湯の丸山 2002.7)


Homeチョウに会える登山道へ

inserted by FC2 system